大鳥商店会について

ようこそ大鳥商店会へ。

当、大鳥商店会は戦後の混乱の中、昭和26年頃立ち上がり60年の歴史を持ち 巣鴨子育て稲荷神社は貞享5年(1688)に巣鴨村の新左衛門によって創建されたと伝り、巣鴨大鳥神社を守り共に過ごしてきました。
この不景気でもの静かな商店街通りにそんな時、若い商店会の人達が立ち上がり熱く盛り上げお客様に楽しくお買い物が出来る商店街にしたいと努力しております。
これからも大鳥商店街をよろしくお願いします。

会長  青木 昭 

大鳥商店会PR大使「おぉとりぃ」との出会い

2013年、酉の市が終わった12月、大鳥神社境内で倒れている「おぉとりぃ」が大鳥商店街のみんなによって発見されました。
すぐに会長宅へ運び、大鳥商店街の飲食店やパン屋さん、総菜屋さん、お肉屋さん等が自慢の料理を持ち寄ったところ、みるみる元気になりました。
その後マッサージ店さんやお医者さんのご協力で体力も回復し、床屋さんや美容室さんのご協力で身だしなみも整えた「おぉとりぃ」は、感謝の気持ちを込めて「大鳥商店街PR大使」として生きて行くことを決意。
なお、腰に巻かれている「大鳥商店街の前掛け」は大鳥商店街からPR大使任命の際に寄贈されたものです。

災害(震災)支援

当商店会では災害(震災)支援の募金を行っております。

災害支援画像
大鳥商店会ホームページによせて
pagetop